戦国茶屋娘【おぎょん PV】

沼田市より戦国の娘たちによる

アイドルがデビュー!

​群馬県沼田市を拠点に観光PR活動を行う「上州真田武将隊」が

手掛ける、戦国時代の娘たちによって結成されたグループです。

小松姫侍女「おちょぼ」を筆頭に、個性豊かな面々が沼田を元気に!

盛り上げて参ります!

❖戦国茶屋娘とは❖

かつて戦国や江戸の時代に茶屋で働く娘たちは「茶屋娘」と呼ばれ、その容姿や対応の良さなどから庶民的な

アイドルとして番付されていました。

戦国の娘たちが、現世において”アイドル戦国時代”に足を踏み入れ、沼田市初のご当地アイドルユニットとして

世を盛り上げます。

目指すは、”日ノ本”武道館!

~結成秘話~

群雄割拠の戦国時代、日本各地では勢力の拡大を目論む者による戦乱が頻発。

侵略を謀る武将による合戦に次ぐ合戦で、まるで平穏と呼ぶには程遠い世の中であった。

”上州真田武将隊”はそんな戦国時代から現世に蘇りし武将一家。

現世では一転、戦とは無縁な毎日を過ごしていたが、ある者だけは少し様子が違っていた。

それは、真田信之の妻・小松姫に仕える侍女「おちょぼ」。

小松姫はおちょぼを我が娘のように寵愛していたが、とあるきっかけから「アイドルとして”日ノ本武道館”を

目指せ」という使命を与える。

おちょぼは、それを姉である”おちよ”に相談。すると、「楽しそうだから一緒にやりたい」と無邪気な理由で

共にアイドルとして活動することに。

その噂を聞いた真田昌幸は「自分の娘がアイドルになれば可愛いギャルとお近づきになれる」と、稀代の謀略家

らしからぬ思考で娘の”おみつ”を説得し、メンバーに加えさえる。

一方、同じ噂を聞いていた沼田景義ははじめ我関せずであったが、対抗心を燃やす昌幸が自身の娘を送り込んだ

ことを聞くや、娘の”おさよ”をメンバーに加入させた。

 

こうして結成された戦国の娘たちによるグループが、”アイドル戦国時代”へと足を踏み入れるのであった。

詳しい結成秘話はこちら!→【~戦国茶屋娘結成秘話~

 

​【メンバー紹介】

【おちょぼ

小松姫に仕える侍女。「ちょぼ」は小さいの意。

小松姫のこととなると熱血になる。

純粋で、何事にも一生懸命。

​我が娘のように目をかける小松姫から、アイドルの結成を命じられる。不器用ながら、一生懸命頑張る姿で皆に笑顔を!

【おちよ】

​おちょぼの姉で、海野家の養娘。

エネルギッシュ。普段は妹が困惑するほど元気で無邪気だが

妹を見守るときの目は姉。

おちょぼから相談を受け「楽しそう!」という理由で加わったが、妹を心配してでもある。

元気パワー全開で、皆を盛り上げる!

 

【おさよ】

​沼田家最後の将、沼田景義の娘。

昌幸が自分の娘をアイドルに入れると耳にした景義が、対抗心から

メンバーに加えさせる。

ふんわりした性格と持ち前の歌唱力で、皆に癒しを!

【おみつ】

​表裏比興、真田昌幸の娘。

アイドル結成の噂を耳にした父が「娘がアイドルになればギャルとお近づきになれる」とメンバーに加えさせる。

​母、山手殿譲りの高貴なお嬢様が皆を魅了する!